自動車リサイクル法とは?

平成17年1月1日より「使用済み自動車の再資源化等に関する法律」(自動車リサイクル法)が本格施行されました。
これは、使用済み自動車(廃車)から出る有用資源をリサイクルして、環境問題への対応を図るための法律です。
現状リサイクルの障害となっている部分について、自動車メーカーがリサイクルの責任を果たすこととなります。
具体的には、エアコンの冷媒として使われており、大気放出されると地球環境を破壊する「フロン類」、
爆発性があって処理の難しい「エアバック類」
使用済み自動車から有用資源を回収した後に残る大量の「シュレッダーダスト」
の3つについて自動車メーカーがリサイクルすることになります。

このようなリサイクルに必要となる費用については、自動車ユーザーの方々にご負担していたく事になります。


自動車リサイクル法全体の流れ

自動車リサイクル法に関してさらに詳しくは
財団法人自動車リサイクル促進センターをご覧ください。


まじめに解体

 2005年1月スタートした「自動車リサイクル法」に全会員しっかり対応し、解体業あるいは破砕業の許可を取得しておりますので、安心して自動車の適正処理をお任せいただけるよう体制を整えております。
 「自動車リサイクル法」では、シュレッダーダスト・フロンガス・エアバックの3品目の適正処理に関わる費用しか含まれておりませんが、当組合では、その他にも適正処理が必要とされる、廃タイヤ・廃バッテリー・廃油・廃液等についても、それらの適正処理に積極的に取り組んでいきます。
 また、工場の美化にも積極的に取り組み、近隣環境との調和を図り、許可基準にとらわれない自動車リサイクルに関する新しいスタイルを提案していきたいと考えております。
 全社電子マニュフェストにもしっかり対応しておりますので、一般ユーザーの皆様から業者の皆様まで自動車リサイクル業務に関するあらゆるニーズにお応えできるよう準備しております。

きちんと再利用

 自動車リサイクルパーツについても20年以上の販売経験・実績を持つ当会員にお任せ下さい。ネットでは判断し難い物も、お近くの販売店なら安心して購入できます。
 各会員それぞれが個性を発揮し、自動車リサイクルパーツの商品化に努めております。地域独自のネットワークにより、より確実・迅速にお客さまのニーズにあった商品を提供させていただくことが可能になると考えております。
 一般ユーザーの皆様にも安心してご利用いただけるような環境を作り、店頭でしかできない細やかなサービスを提案させていただき、自動車リサイクルパーツの利用促進を通じて、さらなる環境保護に繋いでいきたいと考えております。